記事の詳細

株式会社東理ホールディングスの会社の社長をされている福村康廣さん。福村康廣という名前を聞いたことがあるけれど、顔とか詳しい情報を知らないという人も多いでしょう。顔画像はホームページでも見ることができました。おそらく47歳当時の株式会社東理ホールディングスの会社の社長になったばかりの頃の写真でしょう。
過去データとしては、福村康廣さんは1993年に熊本大医を中退されていたようです。しかし、中退をされたのは会社の社長として活躍をしていくためと言えます。福村康廣さんの経歴も、数々の会社の社長をされていたということが書かれていました。1995年にはベンチャーデーターの社長をされていますし、1999年にはキーネットの社長をされています。2003年には修学社社長を。2003年の6月には、ウィン社長もされていたようです。
また、2003年の同じ年の同じ月に東京理化工業所副社長も務められていたようです。その次の年である2004年の6月にも社長をされていました。福村康廣さんは現在株式会社東理ホールディングスのみの社長として活躍中ということです。2004年の10月1日に持ち株会社である株式会社東理ホールディングスを設立されました。

東理ホールディングスを知っていますか?

「せっかくビジネスを展開するならさまざまな方面から展開していきたい」「1つのことだけではなく、複数のジャンルでビジネスをたちあげたい」といった人もいることと思います。ビジネスは1つだけと限定することなく、いろんなジャンルに取り組むことも可能なものです。ビジネスについてはやるからにはぜひとも成功させたいところですよね。
ところでみなさんは、東理ホールディングスを知っていますか?今や大きなグループ会社として活躍しているので、すでにご存知といった方も多いことでしょう。東理ホールディングスですが福村康廣さんが代表をつとめているグループ会社となっています。
福村康廣さんですが複数のグループを束ねる株式会社東理ホールディングスの社長を務めています。福村康廣さんのリーダーシップは定評があり、社長としても適任であるといったことが通説となっています。福村康廣さんの率いる株式会社東理ホールディングスは現在ではかなりの規模となっていますが、ここに至るまでには実にさまざまなことがありました。順調に成長を遂げているように見えるかもしれませんが、実は影で大変な苦労もあったようです。それらを乗り越えるにあたって福村康廣さんは積極的に株式会社東理ホールディングスのサポートにあたってきました。
株式会社東理ホールディングスについてはもともと福村康廣さんが社長だったわけではなく、コンサルタントとしてサポートしていたのです。やがて株式会社東理ホールディングスにとって欠かすことができない存在になったことから、現在株式会社東理ホールディングスの代表として就任している様子が伺えます。
人生はどういった転機があるかわからないものです。ちょっとしたいことがきっかけだったり、一緒に仕事をするビジネスパートナーであったことから成功に結びつく例も少なくありません。
現在は5つ以上の事業展開がなされており、全事業の引率についても携わっています。多角経営だからこそ、しっかりした見極めが不可欠といえるのではないでしょうか。

 

株式会社東理ホールディングス
http://www.tori-holdings.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る