記事の詳細

是非就職活動を前にしているみなさんは、一生懸命塾の名を頭に入れていただきたいと思います。一生懸命塾で勉強する事は、就職活動に勝つ為のノウハウなのです。そして、一生懸命塾で勉強する事は、就職活動のノウハウだけでなく、社会人として役立つ事なのです。みなさんが今後社会人として、成長して行くために、一生役立つ事ばかりです。そして、一生懸命塾で勉強した事は、間違いなく自信となって、背筋を伸ばして未来に向かって行く事ができるようになります。みなさんも、この塾で鍛えられて、一層強くなっていただきたいと思います。

一生懸命な塾は、飯田橋駅側にあり、交通の利便も非常に優れています。もう既にこの一生懸命塾について知っている方も多くいます。そして、既に一生懸命の塾で勉強をして、就職活動に成功した人たちがいます。もう既に、この塾に、多くの感謝の声が届いています。みなさんも、その声に耳を傾けていただきたいと思います。そして、私も絶対に、一生懸命の塾で勉強をしなければならないという使命感に囚われる事でしょう。
もう既に、私達の就職活動の時代は、このような厳しさと向きあっています。一生懸命塾に向かう事が厳しさではありません。この塾は、厳しい状況でも、みなさんをしっかり立ち向かわせてくれる武器を磨いてくれる場所です。

一生懸命塾の厳しさは、優しさであり愛情です。みなさんにもっともっと、強くなって、平然と就職活動に勝つ事のできる人材になっていただきたいですね。塾で学ぶと言う事は、そのような事なのです。みなさんも、一生懸命塾で学べば、勝つ事ができます。
当然、そこにいる講師たちは、就職活動の面接のプロフェッショナルなのです。就職活動の面接のプロフェッショナル・・・。それはなんと頼もしい言葉でしょうか。是非、みなさんも、この存在こそを支えにして、就職活動に戦ってください。本当に真剣に就職活動について考えている生徒たちがいます。その生徒たちをもしっかり観察していただきたいと思います。まだまだみなさんの就職活動に対する努力も生ぬるいと言う事も判ってくる筈です。

就職活動では、みなさんが、もう少し真剣な眼差しで見つめ、そして、そのような向きあい方をする事によって勝利します。就職活動で負けてしまえば、それこそ人生において永遠に負けを背負うようなものです。勝つ為に一体何をしなければならないか・・・。一生懸命の塾で、一生懸命考えてください。

一生懸命塾に向きあわない・・・本当にそれで大丈夫?

私達が就職活動にあたり、何が必要なのか、みなさんに是非お話ししたい事があります。
一生懸命塾の事をご存じでしょうか。一生懸命塾は就職活動の支援、更に人材育成を行っている会社なのです。みなさんは、どのような就職活動のモチベーションでいらっしゃるのでしょうか・・・。一生懸命頑張っていると言います。しかし、やはり問題は中身なのではないでしょうか。一生懸命頑張っていると言うものの何を一生懸命頑張っているかと言う事です。

確かに、私達の現代社会では、就職活動は氷河期と言われ、目指す企業もなかなか見付からないという事も起こっています。みなさんは、ほとんどの労力を、面接を受ける為の企業探しに費やしてしまっているのではないでしょうか。でも、それでは、結局、一個、二個、目指す企業が見つけられたとしても、あなた自身、その企業に見合うあなた自身になる事が出来ていないのです。何も、就職活動の為に、あなた自身が成長したと言う事は出来ないですよね。多くのみなさんは、一生懸命頑張っていると言うものの、同じような感じで、就職活動の企業と向きあってしまっているのです。何がいったい欠けているのか、まだ気付かない人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。それは、就職活動の為、自分を磨く努力が全然されていないという事です。

みなさんは、もう既に大学までの過程において、自分がしっかり磨かれていると勘違いをしているのかもしれません。大学の教育で、一体就職活動の為に役立つ事を一体、何をして来たと言うのでしょうか。それは、高校においてもです。私達は、今まで、就職活動と全然無関係な暮らしを行って来たのです。一生懸命努力をしなければならない事は、自分を、就職活動で面接にパスするうに作り替える事なのではないでしょうか。どうして、みなさんはまだその事に気付かないのでしょうか。

一生懸命塾の存在に気付いて、ついつい見過ごしている方々、一生懸命塾にまで行く必要はないだろう・・・と思っている方々、本当にそのモチベーションで、就職活動はうまく行くのでしょうか。就職活動はますます厳しくなるばかりです。でも、実際に、その就職活動に勝つ方法なら、いくらでも見つける事が出来るのです。努力とは、一生懸命塾に向かう事なのです。努力は、一生懸命塾で一生懸命自分を磨く事です。そして、もっとレベルの高い自信を持って、是非、堂々と企業のドアを叩いていただきたいと思います。

株式会社もとい
http://www.motoi-isyoukenmei.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る