記事の詳細

目には調整力というものが存在します。ビジョンフィットネスセンターでも対策を行っていますが、網膜の後方に焦点が集まってしまっている状態を指します。調整力を働かせない状態で、ピントが遠方になってしまっているため、近くのものが見にくくなってしまうのです。本来は近くを見るときだけしか使わない調節力が、遠くを見るときにも自動的に働いてしまうために、非常に目が疲れやすいという特徴も持っています。

遠視というものは、何も珍しいものではありません。子供は見な遠視で生まれてきており、徐々に正視になっていきます。近視になってしまう過程も、この中にあるといっていいでしょう。ですから、何も特別なものではないのですが、目の調整力をフルに使わなければものが見えない状態でもあるため、落ち着きがないといわれたり、集中力がないといわれたりしてしまいます。
特に子供の頃に強度遠視のままにしておくと、こういった評価を受けやすいといえるでしょう。子供の視力を強度遠視から回復させるトレーニングも、ビジョンフィットネスセンターで行っているのです。
子供の遠視の場合、あまりにひどくなってしまうと、なかなか回復できない状態に陥ってしまうこともあります。両目の視力が合わないことで目の方向がずれ、斜視を引き起こすこともありますし、弱視につながってしまうことも珍しくはありません。立体感覚も失われてしまっていくため、早期の補正と改善が必要となってくるのです。

ビジョンフィットネスセンターのトレーニングは、機械などを使用したものではありません。外科手術を行って、強制的に治すものでもないため、だれでも安心して行っていくことができます。
トレーニング方法としても、100種類以上あるため、遠視の症状にあった方法をとることができます。これは、所長である中川和宏が考案した方法で、トレーニングを通じ自己治癒力を高め自分の力で補正していくのです。さらには、脳と共同で作業を行うようにしていくため、視野も広がりますし、認識力も向上させることができるようになります。子供たちであれば、学習の効果も引き上げていくことができるのです。
ビジョンフィットネスセンターのビジョントレーニングの中の一つとして、目の周りにある6つの眼筋をトレーニングしていく方法があります。これによって硬くなってしまって動きにくい筋肉を改善させたり、血行を増加させたりすることによって、目の動きを改善させていくのです。

こういった基礎のトレーニングも組み合わせていくのが、ビジョンフィットネスセンターの方法です。その人の個性に合わせて内容も変化させていき、目の屈折を改善させていくことにより、風評で悩みかねない遠視も改善させていくことができます。
ビジョンフィットネスセンターでは、機械などを使って行うものは一つもありません。視力回復を考えていくと、機械を使ったものもあり、恐怖心が出てしまいがちですが、そういったものは一つもありません。トレーナーが指導に当たり、任せっぱなしにはしないため、不安になってしまうようなこともないのです。自己流だけでは自然治癒力をひきだし、改善できないような状態なのですから、ただ方法を指導するだけといったものとは違います。
ビジョンフィットネスセンターでは、トレーナーが付いて指導を行っていくため、子供たちでも安心して視力回復を目指していくことができます。自分の目はよくなると信じ、トレーニングをしていくことができれば、自分の動きも知り体感できるようになっていきます。その上で、自宅でも継続できるような指導を取り入れていくため、ビジョンフィットネスセンターならば楽しみながら回復を目指すことができるのです。

ビジョンフィットネスセンターで視力の改善

フィットネス
皆さんは、フィットネスと言うとどういったものを思い浮かべるでしょうか?多くの方は、ジムなどに通って運動をしたり、必死に汗をかくようなトレーニングをしたりするというものを思い浮かべるのではないでしょうか?
フィットネスというのはそもそも、「身体が健康な状態に保たれていること」という意味合いがあります。フィットネス=身体を動かすというイメージを持つ方も多いかと思いますが、このように、正確には実は少し違っているのです。とはいえ、身体を動かすことは結果的に健康な状態を作り上げるということにつながることは間違いではありませんから、あながち間違いではありません。
ただ、今回ここでご紹介するのは少し違ったフィットネスの形です。それは、視力を回復するためのトレーニングを行うというもの。これも一つのフィットネスとなります。

ビジョンフィットネスセンター
東京都港区に、ビジョンフィットネスセンターというセンターがあります。聞いたことがないという方も多いかもしれません。ここは、視力を回復させるためのトレーニングを行うという新しい形のフィットネスセンターです。「視力を回復させるためのフィットネス」と言ってもピンとこない方もいるのではないでしょうか。ここでは、具体的にこのビジョンフィットネスセンターについてご紹介します。

どんなところ?
このセンターは、視力を再生させたい、子どもで近視となっている、老眼で目が見えにくくて困っている、といった悩みを抱えている方を対象としています。当センターの所長である中川さんが独自に視力回復のためのスキルを生み出し、それをもとにカウンセリングやセラピーなどを行っています。
まずは目の状態を把握するところからはじめ、その後、眼の機能を回復させるためのメガネセラピーやコンタクトセラピーなどを行います。レーシックのような治療をして視力を回復させるというわけではありません。あくまでも治癒力を高めさせるという方法であり、そのためにカウンセリングを行いながら、実際にそのトレーニングを行う方と密にコミュニケーションをとってビジョンを擦り合わせていきます。

中川式ビジョン・セラピー
この、セラピーというのは具体的にどういったものなのでしょうか。これは、上述したようにメガネやコンタクトセラピーというものありますが、それ以外にもヨガビジョン、サプリメントによるセラピー、定期的な目の検査、視力検査、また健康相談といったカウンセリングなどを行うものがあります。これらはすべて、自然治癒力を高めるためのセラピーとなります。
ビジョンフィットネスセンターでは、クリニックとも提携をしているため、その中で検査を行うことによって、より効果的に眼の健康を促すことができます。
ちなみにビジョンフィットネスセンターは、海外とも提携を行っており、全米各地にて講演を行ったりメディアに出演したりしている人物が深く関わっています。視力眼科を教育するための講座も定期的に開催しています。

健康な目を保つために
ビジョンフィットネスセンターの、「ビジョン」には「目」という意味がありますが、その中には、目のトラブル等が原因となって夢をかなえることが難しくなってしまう、といった事がないように、サポートを行っていきたいという意味合いが込められています。
スポーツなどにおいても、たとえば野球やゴルフなどの場合、視力というのは非常に重要なものとなります。どんなに体力があり、走るのが早い、技術があるとしても、視力が低いことによって、ボールの動きが見えないなど、マイナスに働いてしまうことは間違いありません。

プロ野球選手を目指したいのに、視力が悪いことによってその夢をあきらめてしまう、というのはなんとももったいないこと。そんな悩みを抱えた方を応援するのが、ビジョンフィットネスセンターなのです。

近視や乱視
眼のトラブルの中には、単純に視力が低いという他に、近視や乱視ということもあります。近視にはさまざまな原因が考えられており、遺伝という要素も多くありますが、それ以外に生活習慣の乱れやストレスをためてしまうこと等も原因の一つとして考えられています。老眼の場合も近視の症状が出ますが、ケースによって放っておくと悪化してしまうこともありますから注意が必要です。
乱視は、光がぼやけて見えたりする症状のことを指します。メガネやコンタクトを利用する際に、乱視という旨を伝えて調整をする方も多くいるのではないでしょうか。乱視には、角膜が歪むタイプのものと水晶体が歪むタイプの2種類が存在します。どちらにおいても、症状は似たようなものになります。ただし、改善の時間が両者で異なり、水晶体が歪むタイプの乱視の方が、少し改善までに時間がかかると言われています。
この近視や乱視についても、ビジョンフィットネスセンターではセラピーとして対応しています。放っておくと悪化してしまうかもしれないこれらの症状は、早めに対策をとっていった方が良いでしょう。

子どもの視力
近年では、テレビゲームが充実し出したことや漫画を読む子どもが多いということで、視力が低下している子どもが多くなっています。その数は年々増加していると言われており、子どもの視力低下は深刻な問題の一つと言えます。視力低下の原因には、姿勢が悪いということや、運動不足と言うのもあります。これらを改善しないことには視力はどんどん手に会していく一方ですが、それに加えてテレビゲームなどが多くなっていることで、視力の低下に拍車をかけてしまっているのです。
親御さんの中にも、視力の低下に頭を悩ませているという方は多くいるのではないでしょうか。そういった方たちの悩みを解消してくれるのがビジョンフィットネスセンターです。

子どもの近視、遠視、斜視、弱視
単純な視力の低下以外に問題となっているのが、子どもの近視、遠視、斜視、弱視です。これらは、なんらかの原因によって起こってしまうものですが、スポーツをする時などではなく、通常の生活をする中でも不便を感じるというほど眼について悩んでいるという方も中にはいます。
こういった眼の病気についても対応しているビジョンフィットネスセンター。実際にこれらの症状に悩んでいたという方も、ここでさまざまな対策を行ったことによって、コンタクトやメガネをせずに生活ができるようになるまで改善ができたという方もいるのです。お子さんの中にも多くの方がこのセラピーを受けていますが、視力が0.2から0.6以上に上がった、-2から-1に上がったなど、多くの方がその効果を実感しています。
視力の悩みというのは、健康な目を持っている方からすると分かりづらいもの。しかし、実はメガネなしでは生活できないほど悩んでいる方もいるのです。そういった方にとっては、ここまで眼の改善が見込めるというのは非常にうれしいことと言えるでしょう。

セミナーも開催
ビジョンフィットネスセンターでは、セミナーも開催しています。これらの効果が本当に実感できるものなのか、どれほどの効果を見込めるのか、気になるという方も多いのではないでしょうか。そういった方はこちらのセミナーに参加してみることをお勧めします。3000円前後で参加することができますし、目に関するさまざまな情報を知ることができるセミナーです。
眼のことで悩んでいるという方は、ぜひビジョンフィットネスセンターを利用してみましょう。今までの悩みが大きく解消されるかもしれません。

 

ビジョンフィットネスセンター
http://www.vision-fc.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る